鯉のぼりベランダ用の取り付け方 飾り方の注意点とスタンドがない場合は?

この記事は4分で読めます

子供の日が近づくと、真っ青な空に泳ぐ鯉のぼりがたくさん見られますね!
風をうけてバタバタと泳ぐ鯉の姿は、まるで活発な子供のようです。

昔は畑や庭に大きな鯉のぼりを立てるのが主流でしたが、
近年ではスペースの関係や、マンションやアパート暮らしの家庭が増え、
鯉のぼりも変化してきています。

今回は最近の主流であるベランダ用鯉のぼりの取り付け方について、
飾る時の注意点と共に見てみましょう!

スポンサードリンク

 

鯉のぼりのベランダ用ってどうやって取り付けるの?

近年人気であるベランダ用の鯉のぼりですが、
ベランダなどの床はコンクリートなど硬い場所。
庭などの地面と違って杭を打ってポールを立てるわけにはいきませんよね。

そのため、ベランダ用の鯉のぼりには専用のスタンドや金具が売られています

 

ベランダ用の鯉のぼりを取り付ける方法は大まかに3つあります。

 

柵に取り付けるタイプの金具で取り付ける

柵があるタイプのベランダに使える金具です。
主に手すりに付けるタイプが主流となっています。

 

壁を挟んで固定するタイプの金具で取り付ける

近年多くのマンションやアパートで見られる、
壁で囲まれたウォールタイプのベランダに使える金具です。

 

水重りで重しをするスタンドでポールを立てる

ベランダの床に直接スタンドを置いて、
水重りで重しをするタイプです。
ベランダのタイプや形状に関係なく使え、
またベランダ以外の場所でも使える利点があります。

 

ベランダには様々なタイプがありますから、各家庭のベランダタイプや飾る場所によって、
どのタイプのスタンドや金具を使うか決めるといいですね。

スポンサードリンク

 

鯉のぼりのベランダ用の飾り方の注意点

ベランダで元気良く泳ぐ鯉のぼりはとても素敵ですが、
飾り方にはいくつか注意点があります。

特にアパートやマンションなどの集合住宅では、
構造上気を付けなければならない点もありますので、
その点を含め、飾り方の注意点を挙げてみましょう。

 

風に流されないよう、しっかり固定する
風を受けて泳ぐ鯉のぼりは意外に強い力を受けています。
しっかり固定しておかないと、突風が吹いた時に、
風で鯉のぼりが飛んでしまうことも

しっかり、頑丈に固定するようにしましょう。

 

ポールの大きさに合った金具やスタンドを使用する。
鯉のぼりのポールの太さが合わずスカスカだったりすると、
ポールが抜け落ちてしまい、風で飛ばされてしまう危険性も。
風を受けてポールが落ちてきた、飛んできたなんてことになってしまったら、
一大事。
けが人が出てしまう事態にもなりかねませんので、
必ず注意しましょう。

 

隣や上下の部屋に鯉やポールがはみ出さないようにする
アパートやマンションなどの集合住宅で特に気を付けたい点です。
上の住人が布団をベランダの手すりに干そうとしたら、
下の部屋から鯉のぼりがはみ出してて、引っかかりそうで布団が干せない!
そんなトラブルも実際あります。
鯉のぼりのポールが上の階のベランダにはみ出してないか、
鯉のぼりが吹き流れてるときに隣のベランダにはみ出してないか、
鯉のぼりが垂れているときに下の階のベランダにはみ出してないか

入念にチェックしましょう!

 

また、ベランダや飾る場所に適した大きさの鯉のぼりを飾ることも大切ですね。
場所に対して大きすぎる鯉のぼりはトラブルのもと
気を付けておきたいですね。

 

鯉のぼりをベランダに飾る時専用スタンドがない場合はどうする?

鯉のぼりを貰ったんだけど、適切なスタンドがない、金具がない…
何とかして工夫してベランダに鯉のぼりを飾りたい!
そんな時のアイデアを紹介します。

 

それはロープを使った方法です。
ベランダの端から端にロープを渡すだけのシンプルなもの。
イメージは鯉のぼり祭りの鯉のぼり。
川の上を渡してずらっと吊るされた鯉のぼりがありますよね。
そんな感じで縦ではなく、横に鯉のぼりを吊るすのはどうでしょうか?
ポールが必要ないですし、ポールよりも簡単に飾ることができます。
f29da9bd81abc3bf124fa3b9ff01ee41_s
また、ロープの代わりにアウトドアに使用するチェーン
(フックで道具を引っ掛けるチェーンです)
を使って鯉のぼりを飾るというアイデアも見かけました。

これだと、鯉のぼり引っ掛けて場所を固定するのが簡単そうですね!

 

まとめ

ベランダに飾る鯉のぼりは一見難しそうですが、
専用金具やスタンドがあれば簡単に飾れそうですね。
注意すべきポイントはしっかりと注意しておき、上手に飾れば、
ベランダでも元気に泳ぐ鯉のぼりを見ることが出来そうですよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪