ピクニックのお弁当で子供が喜ぶのは?盛り付けのコツとあるといいもの

この記事は4分で読めます

家族みんなでお出かけする、ピクニック。
ピクニックの中でも特にお弁当の時間は、子供の楽しみの一つですよね。
せっかく頑張って作ったお弁当も、子供が喜んで食べてくれなかったら残念ですよね。
今回は子供がわあっ!と喜んでくれるようなお弁当のおかずと、
盛り付けるコツ、お弁当を食べる時にあるといいものについて見てみましょう♪

スポンサードリンク

 

ピクニックのお弁当で子供が喜ぶおかずは?

待ちに待ったお弁当タイム。
子供にとっても大人にとっても楽しみの一つですね。
お弁当の蓋を開けた瞬間、子供がわぁっ!と喜ぶようなものを作ってあげたいものです。

さて、子供が喜ぶお弁当のメニューとはなんでしょうか?

 

やはりまずは、からあげ、ミートボール、ウインナー、ハンバーグなど肉系のおかずが人気ですね。
他には、卵焼き、オムレツなど卵系のおかずや、
野菜でしたら枝豆、ミニトマト、アスパラガス、フライドポテトなどが人気です。

 

しかしどんな食材を使うか?も重要ですが、
子供にとって味付けや、食べやすさ、見た目もかなり重要です。

ではどんな工夫をすれば子供が喜ぶメニューになるのか?
その案をいくつか紹介します。

 

味付けを工夫する。
子供がちょっと苦手と感じる食材だって、あまり好んで食べないものだって、
子供の好きな味付けにすれば子供が喜ぶメニューに変身

例えばブロッコリーが苦手な子には、カレーとチーズをのせたグラタン風にすれば、
かなり食べやすくなりますね♪

他にもケチャップ味にしたり、マヨネーズ味にしたり、ソース味にしたり
好きな食材をそれらの味付けにすれば、更に喜んでくれるのではないでしょうか?

 

食材の組み合わせを工夫する
子供が喜ぶ食材と組み合わせることで、パクパク食べてくれるメニューに変身しますよ!

卵焼きの中心にウインナーを入れたり、アスパラガスをベーコン巻きにしたり、
ピーマンを肉詰め
にしたり。

野菜と肉系の組み合わせは野菜嫌いの子供にとって、
一番食べやすくなる組み合わせです。

 

形を工夫する
おかずは見た目もかなり大切。
キャラ弁は子供が喜びますが、そこまで凝ったりしなくても、
ちょこっと形を変えてあげるだけでOKです。

卵焼きをハートの形にしたり、にんじんを星形にしたり、
ハムをリボンにしたり、ウインナーをタコさんにしたりする
だけで、
子供が喜ぶ確率はかなり上がります。

朝ばたばたしてしまうなら、型抜きだけでも夜のうちに済ませておくと楽ですよ♪

スポンサードリンク

ピクニックのお弁当を盛り付けるコツ!

ピクニックに持っていくお弁当の盛り付けのコツとしては、
手軽に食べられる形にすることです。
外で食べたりして、普段と違う環境で食べるお弁当。

子供のテンションはマックス!
そりゃもう、落ち着いて座ったりして食べてはくれません。
ですから箸で食べたりするものより、
手づかみやピックなどに刺したもの
の方が子供は食べてくれるでしょう。

 

例えば

・ポテトサラダはハムで巻いてクレープ状に。
・ミートボールとキャンディーチーズ、ミニトマトをピックに刺しておだんごっぽく。
・おにぎりは小さめに握って、食べやすく。

 

箸は一切使わなくてもいいくらいにしておくのがベストでしょう。
すべて手づかみか爪楊枝で済むのであれば、荷物も少なくて済みますね♪

 

また彩りよくお弁当を詰めるには、赤や緑を上手に使いましょう
茶色いおかずにはブロッコリーなどの緑のものを添えて、
その横には赤のミニトマトや人参を。

カラフルなピックを使ったり、マスキングテープと爪楊枝で旗を作ったり、
かわいいカップやバラン、ワックスシートを使ってもいいですね!

210015ba77fe169a02c54f069e87e001_s

 

ピクニックでお弁当を食べる時にあるといいものは?

子供を連れたピクニックでは、持ち物も大切です。
特にお弁当を食べる時に色々用意しておくと、便利ですよ。
お弁当を食べる時にあるといいものは…

 

ウエットティッシュ
子供はお弁当を食べる時に、あちこちにソースをつけてしまったりします。
ウエットティッシュがあれば、いつでもすぐ拭けていいですね♪
またお弁当を食べる前に手を拭いておかないと、
色んな所で遊んできた子供の手は、かなり真っ黒になっていたり
します。

 

レジャーシート複数枚
大きめのレジャーシートがあれば平気かな?と思いがちですが、
ピクニックで座る場所によっては、地面が冷たいところがあります。
また、地面がゴツゴツしたところも。
そんな場所は、レジャーシートを複数枚重ねることをおすすめします。
何枚か重ねることで、かなりマシになりますよ!

 

紙コップ
飲み物を飲むときにはもちろん便利ですが、
紙コップは取り皿代わりにもなります
子供にとって紙皿よりも扱いやすくこぼしにくいので、
紙コップがあるといいでしょう。

 

ゴミ袋
意外に忘れがちなのが、ゴミ袋。
お弁当で出たゴミなどまとめておけば、家に帰ってからも片づけが楽ですよ。

 

まとめ

家族みんなで外で食べるお弁当は格別ですね!
美味しいお弁当を楽しく食べれたら、
子供にとっていい思い出となるでしょう♪
持ち物などの準備はしっかりと、楽しいピクニックにしましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




↑KohGenDo 3Looksトライアルセット↑
1,080円☆好評販売中!

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪