時代祭2015年はいつ?有料観覧席は必要?よく見られる場所は?

この記事は2分で読めます

 

京都市の平安神宮の祭りである、時代祭。
葵祭や祇園祭と比べると歴史は浅いものの、京都の三大祭の一つとして人気のあるお祭りですね。
8つの時代、20の列でそれぞれ時代を再現した衣装や道具を身につけた人々で行われる行列は、見応えがあります!

画像引用元:http://kyoto.graphic.co.jp/

スポンサードリンク

 

時代祭の2015年の開催はいつ?

時代祭は毎年10月22日が開催日として固定されています。
2015年の今年は木曜日になりますね。
10月22日というのは、桓武天皇が長岡京から都を移し新しい都に入ったとされる日であり、事実上京都の誕生日とも言える日なのです。
ただ雨が降ってしまった場合、外での行列のお祭りですから順延となり、例年ですと翌日23日に開催されています。

スポンサードリンク




 

時代祭って有料観覧席は取るべき?

時代祭には公式に有料観覧席が設けられていますが、必ずしも確保しなければ見れないというわけではありません。
しかし有料観覧席には椅子などが用意されていますので、ゆっくり見たい人や足腰が悪い人がいるなら、有料観覧席をとっておいたほうが安心して見られますね。
ただ屋根などはないそうですから、10月下旬と言えど快晴となった日には、結構な日差しが照りつけます。
帽子や水分補給など、準備は万端で行きたいものです。
隣の席の人に当たる恐れがありますから、日傘は避けるべきでしょう。
これは有料観覧席を取らない場合にも言えることですね。
確実に席を確保できる有料観覧席ですが、雨で順延となってしまって行けなかった場合でも払い戻しはないので、要注意です。

10.維新隊列

画像引用元:http://japan.arukikata.co.jp/tokuhain/kyoto/

 

 

時代祭の行列がよく見られる場所は?

京都御苑、平安神宮辺りは場所柄風情もあるので、写真撮影をする人たちで毎年よく賑わいます。
またその他にも御池通の市役所前辺り、烏丸通あたりが混みあうようです。
そのため逆にビルなどの建物がが背景となってしまう三条通は、比較的空いており、行列をゆっくり見たい人にはおすすめの場所となります。
特に衣装などを楽しみたい人にはピッタリの場所でしょう。

ただ暑い衣装を身に纏っての行列ですから、時間と共に役者さん達も化粧が崩れてきてしまったりします。

一番綺麗な状態を見たいのであれば、スタート地点である京都御所建礼門前辺りがいいですね。
もし背景とともに風情を楽しみたいのであれば、混みあうことを覚悟で京都御苑や平安神宮でスタンバイしておくといいでしょう。

 

まとめ

近年では若い女性の間でも維新志士などが人気で、この時代祭の行列にも参加していますから、友達同士で行く人も多いのではないでしょうか。
時代祭の頃は紅葉には少し早いですが、お祭りを楽しみつつ、秋の京都も満喫したいですね。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪