ハロウィンメイクの簡単な方法は?道具は?血のりの作り方は?

この記事は2分で読めます

ハロウィンの仮装、どんな仮装にしますか?
仮装と言えば真っ先に衣装を考えちゃいがちですが、忘れてはいけないのがメイク!
衣装だけではハロウィンっぽい雰囲気が出なかったら、もしかしたらメイクでハロウィンらしさが足りないかも‥?
簡単に、でも本格的に出来るハロウィンメイクを見てみましょう!

画像引用元:http://matome.naver.jp/odai/2141292447325134901

スポンサードリンク

 

ハロウィンメイク、簡単なやり方は?

ハロウィンメイクというと、ゾンビ系メイクなら血のりや傷跡などが定番でしょう。
血のりでしたら、口元から血のりが垂れているようにメイクするだけで完成しますね。
また、ほかにも口裂けなども人気のメイクです。
こちらはアイライナーで書くだけで完成。
かわいい系なら目の周りをキラキラさせたり、タトゥーシールなどをつけるだけでも充分かわいらしいです!
そんなに気合いを入れなくてもちょっとポイントを押さえるだけで、グッとハロウィンらしさが出ますよ。

9f93822647aea133420c98a024641104

画像引用元:http://mery.jp/44747

 

ハロウィンメイクに使う道具は?

口裂けメイクは、筆ペンタイプのアイライナーがとても書きやすいです。
しかし筆ペンタイプのアイライナーを持っていなくて買い足したくない場合は、油性ペンを使ってしまってもいいかもしれません。
普通に石鹸を使ってもなかなか落ちない油性ペンですが、落とす時に日焼け止めクリームを使うと綺麗に落とせるそうです。
もし手に入るなら、パーティー用メイクやサッカーの応援の時に使われるドーランを使うと書きやすく、発色もとてもきれいですよ。
絵の具で塗ったりすることも可能ですが、肌に合わずかぶれたりする可能性が大きいので、あまりおすすめはできません。
メイク道具を低予算で揃えたいなら、派手な色のアイシャドウなど普段あまり使わない様なメイク用品は、100円ショップで揃えるといいですね。
 

ハロウィンメイクに使う血のりの作り方

血のりは東急ハンズなどにも売っているそうなので買ってきてもいいですが、自宅で簡単に作ることができます。
自作なら低予算で好きな量だけ作ることができて便利ですね。

用意するものは赤と緑の食紅と、片栗粉。

 

①赤の食紅たくさんと緑の食紅ちょこっとを水で溶いて血の色の液を作り、沸騰させる。
②そこに少しの水で溶いた片栗粉を入れて、好みのとろみがつくまで加熱する。

 

たったこれだけで血のりが作れちゃいます!
また傷跡などはボンドや水のりで作る方法があるので、詳しくはこちらのページを参考にしてみてください。

↓身近なもので簡単にできる♪定番ハロウィンメイク
http://matome.naver.jp/odai/2141327595527148101

 

まとめ

ハードルが高そうなハロウィンメイクですが、意外にも初心者でも簡単そうですし、低予算で出来そうですね!
頑張ってリアルに仕上げるのもいいですし、ちょっとかわいく仕上げるのもいいでしょう。
またグロいメイクにかわいい衣装など、メイクと衣装のギャップを楽しんでも面白そうですね。
普段は出来ない、ハロウィンだからこそできるメイクで、思いっきりはじけちゃいましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




↑KohGenDo 3Looksトライアルセット↑
1,080円☆好評販売中!

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪