紫外線カットの帽子 効果がある色は?選び方は?

この記事は3分で読めます

気候が暖かくなると出かける日も増えてきますよね。
気温が高くて、外でも過ごしやすいですが、
それと同時に気になるのが紫外線。
日焼けをするだけでなく、紫外線を浴びてしまうと、
後々に肌にシミとなって現れてきてしまいます。
出来れば紫外線はなるべくカットしておきたいですね。
今回は紫外線対策として、UVカットの帽子について見てみましょう!

スポンサードリンク

 

紫外線カットの帽子の効果 普通の帽子との違いは?

暖かい時期になると、デパートなどでも紫外線カットの帽子が売られるようになりますね。
一見紫外線カットタイプの帽子でも、普通の帽子でも見た目は違いがありません。
いったい、どこがUVカットの帽子と普通の帽子は違うのでしょう。

 

実は普通の帽子にも紫外線カットの効果はあります。
布にはもともと紫外線をカットする性質があるのです。
でもそれは「ある程度」の話であり、
100%に限りなく近いような割合で紫外線をカットできるわけではありません。
また高い割合で紫外線カットできる生地はポリエステルやウールなのですが、
それらは紫外線の強い夏場などに適した生地ではないのですね。

そこで頼りたいのが、やはりUVカットタイプの布地で出来た帽子です。

 

UVカットを施した帽子の作り方には、主に二つの方法があります。
一つは紫外線を吸収してくれる粒子を繊維に練りこみ、その繊維で作り上げた生地を使用する方法。
もう一つは紫外線を吸収、反射させるコーティング剤を吹き付けた生地を使用する方法です。

どちらも高い紫外線カット効果があり、99%以上紫外線をカットすると言われています。
ただし耐久性は異なりますので、注意する必要があります。
紫外線カットする粒子を練りこんだ方はかなり耐久性がありますが、
コーティングのみの製品は耐久性に欠け、
洗濯などを繰り返しする内に効果は弱まってしまいます。
ここだけ注意しておきたいですね。

スポンサードリンク

 

紫外線をしっかりカットしてくれる帽子の色は?

紫外線は吸収されやすい色と、透過しやすい色があります。

 

まず濃い色は紫外線をよく吸収します。
吸収するのでその下には紫外線が届きにくくなります。
つまり、紫外線をカットする能力が高いのです。

 

そして薄い色、淡色は紫外線を透過させます。
透過させるので、その下に紫外線が届いてしまいます。
つまり、紫外線をカットする能力が低いと言えます。

 

ですから紫外線をよくカットする帽子を選びたいのであれば、
黒や茶色、カーキ、ダークグレーなどの濃い色の帽子を選ぶといいでしょう。
逆に白やパステルカラー、ベージュなどは紫外線をあまりカットしないので、
避けておくといいですね。

 

ただしUVカットが施されているものに関しては、実はどの色でも効果は変わりません
安心して好きな色の帽子を選んでくださいね♪

 

紫外線カット帽子の選び方

紫外線をしっかりカットしたいのであれば、帽子の形もこだわるべきですね。
太陽光は真上から注ぐばかりではありません。
時間帯によって斜め前から後ろから紫外線はやってきます。

 

やはり帽子のつばは広め、そして深く被れる形の方がいいでしょう。

そう聞くとなんだかおばちゃんみたいな帽子になっちゃいそうな感じがありますが、
ちゃんとかわいいものもありますので安心してくださいね♪

また最初の方でも触れましたが、帽子のUVカット加工の方法によっては、
洗濯などをすると効果が薄まるもの
があります。

そういったものを長く使いたいのであれば、生地は厚めで、
色は黒など濃いものを選んでおけば、UVカット加工の効果が薄まっても、
紫外線から守ってくれる割合は高いまま使うことができます。

 

まとめ

紫外線カット加工がしてあるものに関して、色によって効果が変わるわけではないのは、
少し意外な感じがしました。

帽子でがっちり紫外線をカットしても、日光は下からも照り返しがあります。
帽子を被っているから日焼け止めを塗らなくてもOKではなく、
肌には日焼け止めもしっかり塗り、帽子と併用するようにしましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




↑KohGenDo 3Looksトライアルセット↑
1,080円☆好評販売中!

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪