卒業式にタイツでもいい?ストッキングの色は黒ってありなの?

この記事は2分で読めます

おめでたいわが子の卒業式。
でもまだまだ寒いですし、体育館も冷えますよね。
できれば暖かいタイツを履きたいんだけど…
せめて黒のストッキングがいいんだけど…
それらはOKなのか、チェックしてみましょう!

スポンサードリンク

 

卒業式にストッキングの代わりにタイツってOK?

卒業式の足元。
一般的にはストッキングですよね。
でも寒いし、タイツを履きたくなってしまうもの。

 

ところでストッキングとタイツの違いですが、
デニール数(生地の厚さ、厳密には糸の太さ)で分かれてきます。
30デニール未満のものをストッキング、30デニール以上をタイツとしています。

 

一般的に生地の厚いタイツは、カジュアルなものと見なされてしまうので、
そうなると卒業式などの式典には、タイツはふさわしくないですね。

 

ちょっと寒いですが、頑張ってストッキングで行きましょう!

ストッキングの中には暖かい商品もありますので、
そういった商品を利用するのも、一つの方法ですね。

またワンポイントや柄ものもカジュアルになってしまいますので、
無難に無地のストッキングがいいですよ!

スポンサードリンク

 

卒業式にストッキングの黒は履いてもいい?

卒業式には一般的に黒やグレー、紺などのスーツを着ていきますね。
ではストッキングの色はどうなるのでしょうか?

 

スーツがダークカラーならストッキングも合わせて黒?と思いがちですが、
実はスーツもストッキングも黒だと、お葬式と同じになってしまいます。

 

中には黒のストッキングにして、コサージュもつけず、
お葬式とほとんど変わらない格好をする地域もあるようですが、
一般的にはストッキングはベージュなどの自然なカラーにします。

 

弔事の時の格好と差をつけるのがポイントですね!

黒は足がほっそり見えるので、出来れば黒ストッキングにしたくなりますが、
ここはベージュの圧着ストッキングなどで乗り越えましょう!

 

 

まとめ

今回のまとめ
・卒業式にはタイツはNG、ストッキングで
・ストッキングの色はベージュで

 

寒い卒業式ですが、暖かいストッキングなどの商品を利用したり、
ストールを一枚持って行ってひざ掛け代わりにしたり。
上手く寒さを乗り越えましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪