PM2.5の時赤ちゃんがいるなら洗濯物は?お散歩は?対策は?

この記事は2分で読めます

黄砂などとともに気になるのが、PM2.5。
赤ちゃんがいると、特に気になりますよね…。
そこで赤ちゃんがいる家庭で、PM2.5の時に洗濯物を外に干してもいいのか、
お散歩に出かけてもいいのか、またどんな対策をすればいいのかチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

 

PM2.5が発生している時に赤ちゃんがいるなら洗濯物は外に干してもいい?

赤ちゃんがいると、毎日たくさんの洗濯物がありますよね。
天気がいいならなるべく外に干して、外の空気や風を当てたいところ。
しかし、PM2.5が発生している時は、外に干すこともちょっと戸惑ってしまいますね。

 

そんな時は、無理して外に干すことにこだわる必要はないでしょう。
PM2.5は、例えば身近なもので言えば、排気ガスやタバコの煙もPM2.5になります。
そんなものがいっぱい漂っているところで干した服なんて、自分でも着たくないでしょうし、
ましてや赤ちゃんには着せたくないですよね。

 

環境省のページからPM2.5に関する情報をチェックすることができます。
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html#STANDARD

↑ここから状況をチェックして、治まるまでは、外に洗濯物を干すことはやめておき、
室内干しや乾燥機、コインランドリーなどを利用しましょう。
室内干しでも扇風機などを併用すれば、結構早く乾きますよ!

スポンサードリンク

 

PM2.5が発生している時に赤ちゃんを連れてお散歩に出かけても大丈夫?

赤ちゃんにとって、お散歩の時間ってとっても大切ですよね。
日光に当たることや、外の空気を吸うことで、夜の寝付きも良くなったりします。
しかし、やはりPM2.5がひどい状態では、あまり長い時間外に出かけたくありませんね。
洗濯物と同じく、治まるまで少し控えたほうが良いでしょう。
外に出たからと言って、すぐに何かしらの症状が出るとは限りませんが、
やはり空気が汚れた中では、ためらってしまいます。

大人の場合は防じんマスクなどをする方法がありますが、赤ちゃんにはマスクはできません。

ですから、やはり外出を少なめに、短時間にしておく方法が最良だと思われます。

 

ただ赤ちゃんも毎日家の中では退屈でしょうから、室内で過ごせる場所、
ショッピングセンターなどに連れていってあげるだけでも随分と違うと思います。

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s

 

PM2.5が発生している時の赤ちゃんのための対策方法

PM2.5が発生している時は、なるべく出来る範囲で赤ちゃんにも対策をしてあげたいですよね。
上記で書いた通り、まずは洗濯物をなるべく外に干さないこと、
長時間外にでないことなどがすぐにでも出来る対策だと思います。

 

またその他にも、室内での対策も必要になります。
意外と室内にもPM2.5は入ってきたりしているのです。

 

まず、おすすめは空気清浄機を使うこと。
PM2.5にも対応している「HEPAフィルター」がついているものがおすすめです。

また、テーブルなどにも多少のPM2.5がついている可能性があります。
テーブルを拭くときはPM2.5が舞ってしまわないよう、まず水拭きをしてから、乾拭きをするようにしましょう。

 

まとめ

赤ちゃんがいると空気の汚染などにとても敏感になってしまいますよね。
まずはすぐ出来ることから対策をしてみましょう!
タバコの煙もPM2.5ですから、家族にタバコを吸っている人がいたら、要注意ですよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪