結婚式招待状返信を書き間違えたら修正液はOK?おしゃれな訂正は?

この記事は2分で読めます

めでたい、友人からの結婚式招待状。
だけどせっかくの返信はがきを書き間違えて…!
そんな時どうすればいいのか、修正液や修正テープは使って良いのか、
またおしゃれに訂正する方法について見てみましょう!

スポンサードリンク

 

結婚式招待状の返信はがきを書き間違えたらどうする?

大切な結婚式招待状の返信はがきなのに間違えて、出席を二重線で消しちゃった…!
こんなミスも意外にみなさんしています。
そんな時は慌てないで下さいね。
まず間違いは失礼なことではありません。
人間ですから仕方ないことですし、間違えたからといって、新郎新婦が怒り狂うわけではありません。

それよりも、間違えたと慌てて、汚く修正してしまうことの方が失礼です。

 

結婚式招待状の返信はがきは「ご出席」の「ご」を二重線で消すなどのルールがありますが、
それと同じ感じで、二重線で間違えた箇所を消して、横や下に訂正しておけばいいのです。

 

もし友達同士の間柄くらいなら「書き間違えちゃってゴメンね」といった感じで、
一言を添えてあげると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

結婚式招待状の返信はがきに修正液や修正テープは使ってもいい?

結婚式招待状の返信はがきの訂正を二重線で消したものの、
やっぱり何だか間違えたのが丸わかりで恥ずかしいし…

 

そんな時についつい使いたくなるのが、修正液や修正テープ。
しかし結婚式招待状についてくるような返信はがきは可愛らしいものが多く、
はがきの色もピンクだったりします。
ですからそこで白の修正液を使ったところで、修正したことは丸わかりになってしまいます。

何より、修正液や修正テープは本来、印刷の版下を修正するものです。

 

 

また、めでたいことに関して塗りつぶすような行為は、あまり縁起が良くないと考える人もいます。
ですから、修正液や修正テープは返信はがきの修正に使わないようにしましょう!

3935f53c043bdc65ffa4a01e99b8e52e_s

 

結婚式招待状の返信はがきをおしゃれに訂正する方法!

結婚式招待状の返信はがきの書き間違いを、もっと上手く訂正したい!
そんな風に思う人もいるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、訂正したい箇所を二重線の代わりに赤で「寿」と書く方法です。
黒一色の文字の中で、赤で書かれた「寿」は、とってもおめでたい雰囲気になりますよ!
それに、赤で書かれた文字のほうが目立つので、間違いも目立ちにくくなります。

 

また、間違えた箇所に上からシールを貼るというのも、とってもおしゃれに訂正する方法になります。
結婚式らしく、花やハートのシールなどがピッタリですね♪

かわいらしさと華やかさで、誰よりも目立つおしゃれな返信はがきになること、間違いなしです!
書き損じだなんて、誰も思わないでしょう。

 

まとめ

書き間違えても、決してぐちゃぐちゃに塗りつぶしたりしないで下さいね!
要は欠席か出席か、誰からなのか分かればいいのですから、
その部分だけはハッキリと分かるようにしておけばいいのです。
どうしようもないくらい修正しても汚くなってしまう場合、
代わりのはがきを用意するのも一つの手ですが、これは最終手段として考えておいてくださいね!
間違いやミスが逆にプラスになるような訂正ができるといいですね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




↑KohGenDo 3Looksトライアルセット↑
1,080円☆好評販売中!

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪