寒中見舞いの切手はどんな種類がある?年賀用でもいい?喪中は弔事用?

この記事は2分で読めます

冬の挨拶として送られる、寒中見舞い。
喪中などで年賀状が出せなかった場合にも、年賀状の代わりとして送ったりしますね。
今回はそんな寒中見舞いに貼る切手について、種類や年賀切手の使用はありかなしか、
喪中の相手に送るときはどうするのかについて見てみましょう!

スポンサードリンク

 

寒中見舞いに使う切手はどんな種類がある?

寒中見舞いに貼る切手の種類ですが、実は寒中見舞い用というのは出ていません。
はがき自体も寒中見舞い用の官製はがきというのは、郵便局から出ていないんです。
暑中見舞いは「かもめーる」がありますが、切手は寒中見舞いと同じく、発売されていません。
ですから、切手は通常の切手でいいということになります。

 

ただ寒中見舞い用の切手は出てないのですが、「冬のグリーティング切手」は発売されているのです。
そう考えると、寒中見舞いに最も相応しい切手は、冬のグリーティング切手になるんじゃないでしょうか。
しかしそれにこだわる必要はなく、もちろん普通の切手で充分です。

 

もし何か一工夫が欲しいのであれば、「特殊切手」や「ふるさと切手」などの中からお好みのものを使っても構いません。
期間限定で、様々な種類のデザインの切手が発売されてますから、その中から選ぶのもなかなか楽しいですよ♪

スポンサードリンク

 

寒中見舞いの切手に年賀用は使っていい?

年賀状の代わりとしても使われる寒中見舞いですから、寒中見舞いの切手は年賀用を使ってもいいのでは?
と考える人がいるかも知れません。

 

確かに寒中見舞いの切手はどんな物を使ってもいいですから、年賀切手もありと言えばありです。
しかし当然ながら松の内も過ぎていますし、今更年賀切手はどう考えても時期外れですよね。
ですから目上の人など、改まった相手には年賀切手を貼るのは控えておくべきでしょう。
ただし、親しい友人くらいなら良いかもしれません。

 

もし年賀切手が余っているのであれば、郵便局で新しいものと交換してくれます(一枚につき手数料が5円かかります)ので、
余っているからと無理して使う必要はありませんよ。

118d28e48741c8b01c4c120438503a22_s

寒中見舞いの切手は喪中の人には弔事用を使う?

喪中の人に送る寒中見舞いですから、切手も喪に服して弔事用がいいのでしょうか?

 

いいえ、寒中見舞いの切手は弔事用である必要はありません
寒中見舞いは、あくまで寒中見舞いであり、弔事や慶事の対象にはなりません。
ですから、寒中見舞いの切手は喪中であろうと、普通で良いのです。

 

ただあまりにも派手だったり、キャラクター物だったりするのは、
やはり喪に服している相手にはふさわしくありませんから、通常の切手にしておくか、
特殊切手の中でも大人しめのデザインを選ぶのがいいのではないでしょうか。

 

間違っても年賀切手を使わないようにしてくださいね!

 

まとめ

季節の挨拶である寒中見舞いですから、是非切手にもこだわってみてください。
季節に合った花のデザイン、一足早く春を感じさせる花のデザイン、風景のデザインなど、
切手を工夫することで、よりあなたの気持ちが相手に伝わるんじゃないでしょうか♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪