お年玉の相場はいくら?小学生にあげるなら?子供がいない場合は?

この記事は2分で読めます

お正月に頭を悩ませるのが、お年玉。
姪っ子にあげたいんだけれど、小学生ってどれくらい包んだらいいの??
一般的なお年玉の相場はいくらなのか?
小学生ならどれくらい包めばいいのか?
こちらに子供がいないなら金額はどう決めればいいのか?
お年玉にまつわる疑問を見ていきましょう!

スポンサードリンク

 

お年玉の相場って一般的にはいくらくらい?

お年玉はどれくらいあげるのか、その家庭で様々ですよね。
経済状況や関係性で異なってきます。

 

しかし気になるのは、一般的なお年玉の相場。
何歳でいくらくらい包むのかは、色々な計算方法があるようです。

 

・年齢×500円
・学年×1000円

また、少なめの人で、年齢×100円という人も。

 

一般的には「年齢×500円」という計算方法を使っている人が多いようですね。
中にはお年玉を500円玉ばかりにして、機械的に年齢の数だけ500円玉を入れるという人もいました。
小さな子には硬貨の方が喜ばれることも多いようで、毎年好評なようですよ。

スポンサードリンク

 

お年玉の相場は小学生の場合はいくら?

上記の計算方法でいくならば、小学生のお年玉の相場は年齢×500円ということで、
3500円~6000円となります。

 

ただ、これだと低学年に対しては少し高いかな?と感じる人もいるかもしれませんね。
その場合は、小学生なら
「学年×1000円」
の計算方法でもいいかもしれません。

 

もし、1000円では少し寂しいかな?なんて思うときは、
1000円プラス何かちょっとしたものをプレゼントするのも一つの方法です。
姪など女の子ならレターセットや可愛い文房具などをプレゼントすると喜ばれますよ!

可能であれば、他の親戚といくらにするのか、金額を取り決めたり、あらかじめ打ち合わせしておくのもいいですね。

344b54301a53a61a61dd63be53fb2cc7_s

お年玉の相場は子供がいない場合はいくら?

もしお年玉をあげる立場である自分にも子供がいるなら、
自分の子供が貰った金額をそのまま渡すというのも一つの方法ですが、
自分に子供がいなかったらそうはいきませんよね。

ではそういった場合はどう金額を決めるのか。

 

ここはやはり世間一般的な相場に合わせておくべきでしょうね。
あげる相手がたくさんいて、出費が厳しいのであれば、相場から少し低めにして、
お菓子の詰め合わせをプラスしたりしてもいいでしょう。

 

途中で金額を下げるわけにはいきませんから、最初にあげるときに奮発しないことが大切です。
また、毎年金額を上げていくのではなく、
・低学年 1000円~3000円
・高学年 3000円~5000円

など、低学年・高学年の区切りで金額を上げるようにするだけでも、出費は多少抑えられますよ。

 

まとめ

大人はあまり嬉しくないお年玉という風習ですが、
あげた時の子供の喜ぶ顔が見られるのは、嬉しいですよね。

中身を見てがっかりしないよう、世間一般や周りの相場を気にしておくことはとても大切です。

もし何らかの事情で周りよりお年玉の中身が少なめになるようでしたら、
他のものをプラスしてカバーするなど、配慮しておくと納得してもらえますよ♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




↑KohGenDo 3Looksトライアルセット↑
1,080円☆好評販売中!

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪