予防接種でインフルエンザの副作用の症状は?かかっても軽い?

この記事は2分で読めます

冬になると大流行する、インフルエンザ。
そのインフルエンザの対策としてワクチンを打つ人も多いのではないでしょうか?
しかし心配になるのは、副作用。
インフルエンザワクチンの副作用の症状ってどんな感じなのでしょうか?
インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザにかかってしまった場合、その症状は軽くなるのでしょうか?

スポンサードリンク

予防接種でインフルエンザワクチンはどんな副作用の症状が出る?

インフルエンザワクチンですが、まずワクチンというものは、「弱いウィルス」を体内に入れ、病気にかかったのと同じ状態を作り、そして抗体を作らせるものです。
ですからこの時にインフルエンザや風邪っぽい症状が出ることはよくあることなのです。
・吐き気
・頭痛
・倦怠感
・発熱
このような症状が接種直後~数日間出ることが多いです。
また、翌日くらいから接種した患部が腫れる人も多く、心配になるほど真っ赤になってパンパンに腫れますが、こちらは大抵1週間ほどすれば良くなってくるようです。
他にも発熱ののち、味覚がおかしくなったという人もいるそうですが、こちらも心配になりますが1週間程度でよくなります。
亜鉛が含まれた食品(牡蠣、うなぎ、チーズ、牛肉、アーモンドなど)を取ると、早く良くなるそうですよ!

スポンサードリンク

 

予防接種したらインフルエンザにかかっても症状は軽い?

先述したとおり、インフルエンザワクチンは、軽いインフルエンザにかかった状態にするものです。
そしてインフルエンザに感染した状態になると、体が抗体を作り出します。
この抗体が次にインフルエンザウィルスが来た時に、ブロックしてくれるのですね。

 

残念ながらインフルエンザには「◯◯型」と、種類が複数あります。

ワクチンの効果があるのは、この型が合った時です。
ただこれも100%ではありませんし、違う型のインフルエンザウィルスが来てしまうと、残念ながらインフルエンザに感染してしまいます。

 

しかしかかったものの、軽い症状で済んだ!という人も多くいます。
37度の微熱と咳くらいで済んだりしたそうです。
絶対軽く済むとは言い切れませんが、予防接種をしておけば、インフルエンザにかかっても軽い症状で済むことは、かなり期待ができそうです。
61930d09141ba98fa4b5f08395e3b307_s

まとめ

インフルエンザの予防接種を受けるか受けないかは、意見が別れるところです。
ワクチンには卵の成分が含まれてますから、アレルギーを持った人は要相談でしょうし、過去にワクチンなどで副作用がひどかった人も、相談してから決めるべきでしょう。
ただこれまでなんともなかった人も、体調が優れない時は、摂取を見合わせるべきです。
受ける時は副作用なども考慮の上、体調を万全にして受けてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪