神戸イルミナージュの規模は?入場料は?送迎バスはある?

この記事は2分で読めます

 

2015年の今年で開催されるのは5回目となる、神戸イルミナージュ。
年々人気も高まっているけれど…一体どれくらいの規模なのでしょう?
入場料ってかかるのかしら?
電車で行くならどこで降りればいいの?
お出かけ前にチェックしておきましょう♪

スポンサードリンク

 

神戸イルミナージュの規模はどれくらい?

神戸イルミナージュは、ホテル「フルーツ・フラワー」をはじめとする様々な施設を含め、100haもある広大な敷地の神戸フルーツ・フラワーパークが会場となっています。
そのため、広い会場でのイルミネーションということにになりますね。
例えば有名な神戸ルミナリエと比べても、やはり規模で言えばイルミナージュの方が大きく、関西一のイルミネーションになります。

 

一応補足を入れますと、近くの地域では三重県の「なばなの里」のイルミネーションがあります。
実際はそちらの方が規模が大きいのですが、三重県は関西には入らないので、神戸イルミナージュが関西一の規模ということになります。

 

年々知名度と人気も高まっており、特に週末になるとイルミナージュには多くの人が訪れます。
しかし広大な敷地のおかげで、人混みとまではいかないようです。
あまり人でぎゅうぎゅうなのが苦手な人にとっては、ちょうどいいかも知れませんね。

スポンサードリンク

 

神戸イルミナージュって入場料は必要?

公式サイトによると、

 

  • レギュラーチケット:大人1,000円(中学生以上)・小人500円(小学生以下)
  • エクスプレスチケット:大人2,000円(中学生以上)・小人1,000円(小学生以下)

となっています。
エクスプレスチケットというのは優先入場ができるチケットで、ここに入場料金も含まれています。

 

以前は9~17時まではフルーツフラワーパークの入園料が別途必要、17時以降は神戸イルミナージュの入場料のみでOKとなっていましたが、現在は神戸フルーツフラワーパークの入園料は無料となっています。

そのためどの時間帯に行っても、イルミナージュの入場料のみで大丈夫なようですね!
ただし、駐車場だけは1日500円かかりますので、注意が必要です。

 

チケットは当日会場で購入することも出来ますが、ローソンチケット、チケットぴあなど、コンビニで事前に購入することもできますよ。

cde42616b4d5953d7ced10bcc830a0c8_s

 

 

神戸イルミナージュに送迎バスはあるの?

神戸イルミナージュの最寄り駅は、JR福知山線・神戸電鉄の三田駅となります。
しかし三田駅から会場であるフルーツフラワーパークはかなり距離があります。
そのため、この三田駅と神戸フルーツ・フラワーパーク間を「ホテル フルーツ・フラワー」の無料送迎バスが走っています。
このバスはイルミナージュだけ行きたい時でも乗車可能で、イルミナージュ開催中は夜間増便されて運行しているのですよ♪
バス自体はホテル前に停まりますが、ホテルはイルミナージュ会場と同じ敷地なので問題ありません。
三田駅でのバスの乗り場は、JR三田駅の北口、改札を出て右側へ、階段を下りてすぐのところになります。

 

また有料になりますが、神戸電鉄岡場駅とフルーツパークを結ぶ神姫バス、JR三宮駅とフルーツパークを結ぶ神姫バス(土日祝のみの運行)もあります。
電車で出かける方にとって、直通のバスがあるのは嬉しいですね♪

詳しい時刻表はこちら↓のページに掲載されています。
http://hotel-fruitflower.jp/access/bus_time/
チェックしておきましょう!

 

まとめ

神戸イルミナージュでは、今年も園内にある「神戸モンキーズ劇場」でかわいいおサルさん達による、イルミネーション公演も行われます。
様々な形でのイルミネーションが楽しめますね♪
会場の神戸フルーツ・フラワーパークは、神戸でも北の方にあり、夜間は特に冷えます。
防寒対策はしっかりとして、お出かけしましょう!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪