東福寺の紅葉時期の混雑具合は?開園時間は?駐車場はある?

この記事は2分で読めます

京都市東山区にある、東福寺。
JRの「そうだ、京都行こう」シリーズのCMにも使われたこともあり、
創建年は嘉禎2年(1236年)と、とても歴史があるお寺です。
すばらしい紅葉がとても有名ですが、モダンなデザインの庭園もすごく素敵ですね♪

スポンサードリンク

 

東福寺の紅葉時期の混雑具合は?

東福寺の紅葉は大変人気であり、相当混みあうようです。
なので、東福寺へ紅葉見物に行くなら、その覚悟で行くべきでしょう。
その混み具合は、まるで人気の動物園へ、人気のパンダを見に行くようなものだとか。
立ち止まることは出来ず、写真を撮れば、必ず人の頭が写り込むようです。
東福寺へ入場するにはまずチケットを買う必要がありますが、紅葉の時期ではチケット購入に30分は並ばなくてはなりません。
まるでディズニーランドのアトラクションのようですね!

スポンサードリンク

東福寺の紅葉時期の開園時間は?

東福寺は通常、午前9時~午後4時が拝観時間となっています。
ただ11月は午前8時30分~午後4時30分と、拝観時間が長めとなっているようですね。
もし混雑を避けたいのであれば、開門時間の30分前には東福寺へ着いているといいでしょう。
そうすればツアーなどの団体客と同じになって、大混雑の中見物しなくてはならない事態は避けられそうですね。
また非常に混み合うときは入場制限がかかることもあるそうなので、やはり開門と同時に入った方が無難でしょう。

0bad873cfcc1e2c57ba90a903af1f9cf_s

 

東福寺に紅葉を見に行くとき駐車場はある?

東福寺には残念ながら駐車場はありません。
正確には、紅葉の時期のみ駐車場が使えないということのようです。
なのでもし自動車で東福寺に行くのであれば、東福寺の少し手前の駅まで車で行き、
そこから東福寺の最寄り駅である「東福寺駅」または「鳥羽街道駅」まで電車で移動するといいでしょう。
京都駅の北側や南側にある駐車場に停めると、東福寺までJR奈良線で一駅なので便利です。
また東福寺周辺にはあまり食事を取れるところがありませんから、朝東福寺で紅葉見物した後、
昼食は京都駅に戻って、京都駅周辺で取るというプランも良さそうですね。

 

まとめ

東福寺の通天橋から眺める紅葉は圧巻で、ここが一番お気に入りだという人も多いようです。
かなり混雑しますが、ぜひ一度は実際に行って、生で紅葉を見てみたいものですね!
こういった混雑する名所は行き当たりばったりではなく、綿密、かつ余裕を持った計画が大切です。
事前にスケジュールをしっかり立ててから出かけましょう♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪