卒園式のコサージュは必要?つける意味は?ネックレスと両方つける?

この記事は3分で読めます

とうとう幼稚園を卒園…
子どもの成長を感じる時ですよね。
しかし初めての子供が卒園するにあたって、お母さんも服装に色々悩んでしまいがち。
何となくこんな感じって分かったけれど、細かい部分も気にすればするほど分からなくなってしまいますよね。
今回は意外に悩んでしまうコサージュについて、そもそもコサージュは必要なのか、その意味とネックレスと両方つけるべきなの??
という疑問について見てみましょう!

スポンサードリンク

 

卒園式にはコサージュってやっぱり必要?

卒園式、卒業式のコーディネート、どんな感じにしようかな?と悩んで、お店や雑誌などでコーディネートを参考に見ることもありますね。
そんな時にふと気づくのが、コサージュ。
色んな卒園式コーディネートを見ても、どのお母さんもコサージュをつけていたりしますよね。
でもコサージュなんて持ってないし、何だか古臭いイメージ…そんな印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

果たしてコサージュって、卒園式には必ず必要なものなのでしょうか?

 

答えは実は「コサージュはつけてもつけなくても、どちらでもいい」なのです。

 

コサージュはあくまでも装飾品のひとつであり、アクセサリーと同じです。

例えば「卒園式にパールの指輪は必要なの?」というのと同じで、つけても付けなくても好みでOK。

 

ただコサージュを付けた方が、それっぽいと言いますか、式典のコーディネートっぽいですよね。
昔ながらの卒園式スタイルで行きたいのであれば、コサージュはあったほうがいいと思いますし、コサージュ無しでも別におかしくはありません。
後は、合わせるスーツやアクセサリーとのコーディネート次第だと思います。

 

最近ではコサージュも色々なデザインのものがありますね。
昔ながらのデザインのものだけでなく、控えめなリボンコサージュや、キュートなデザインのコサージュもあります。

 

もし「コサージュって、何だかオバサンみたい。。。」
そんなイメージでしたら、色んなデザインのコサージュを検討してみてもいいかもしれませんね。
卒園式はお祝いごとなので、どんなデザインのコサージュでも大丈夫ですから。
13249e86bd80c9af227f95da049d6c9a_s

 

 

 

卒園式のコサージュにはどんな意味があるの?

卒園式に胸につけるコサージュは、実はきちんとした意味合いがあるのです。
コサージュをつけるということは「あなたをお祝いします」という意味。
卒園式や卒業式に同席すること自体が相手を祝福するのはもちろんですが、コサージュで更にその意味合いを強くします。

 

他にもアクセサリーとしての役割もきちんとあります。
卒園式はブラックフォーマルが基本。
お世話になった先生などに対して、敬意を示す黒です。

 

ですがブラックフォーマルの難点として、全体的に暗いコーディネートになってしまいがちなところ。
アクセサリーを付けると言ってもパール系ですし、これではお葬式などど変わりがないコーディネートになってしまいますよね。

 

そこで華やかなコサージュを付けることで、お祝い事らしい雰囲気のコーディネートにします

ですので卒園式に着るジャケットが、ツイードなどの華やかな印象の物でしたらコサージュは不要かもしれません。
しかし黒一色の礼服などを着るのでしたら、やはりコサージュがあったほうが華やかですね。

スポンサードリンク

 

卒園式にコサージュとネックレス両方つけるものなの?

さて卒園式のアクセサリーと言えば、胸元はコサージュ、耳元はパールのイヤリング。
そして首にはパールのネックレスですね。
しかし華やかなコサージュをつけてネックレスまでつけたら、ちょっとゴテゴテしすぎなんじゃ…
そんな風に感じる方もいるようですね。

 

確かにコサージュのデザインや、ジャケットのデザイン、ネックレスのデザインによっては、飾りすぎかもという印象になるのかもしれません。

しかし大抵はブラックフォーマルですし、パールのネックレスもパール色一色ですから、コサージュとネックレスの両方をつけても気にならないことが多いのです。
コサージュが多少華やかでも、飾りすぎになることはありません。

 

一方で、コサージュとネックレスの両方を必ずつけなければならないわけではありません。

ですのでスーツとのコーディネートやお好みに応じて、コサージュとネックレスの両方をつけるか、それともどちらか片方にするのか決めましょう♪
ただ黒一色のブラックフォーマルですと、コサージュがなくてはお葬式みたいになってしまいます。
スーツがシンプルなブラックフォーマルならば、コサージュをつけるようにしましょう!

 

まとめ

ただ華やかさを演出するだけのコサージュかと思えば、きちんとコサージュにも意味があったのですね!

コサージュにはきちんとした付け方がありますので、コサージュの付け方はこちらを参考にしてみて下さい♪

 

コサージュは何だかおばちゃんみたいで…
そんな風に思っている人は、是非色んなデザインのコサージュを検討してみて下さいね。

きっとそんな人にも「これならいいかも…」というデザインのものがあるはず。
コサージュは必ずつけなければいけないわけではないですが、やはりあったほうがぐんと華やかになります。
素敵なコサージュを見つけたら、是非卒園式や卒業式ににつけてみて下さい♪

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




↑KohGenDo 3Looksトライアルセット↑
1,080円☆好評販売中!

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪