バスタオルが臭い原因は?嫌な匂いの取り方と予防方法!

この記事は1分で読めます

毎日使う、バスタオル。
バスタオルを使わない日はないくらい、必需品ですよね。
だけどしばらく使っていたら、バスタオルが何だか臭い…
お風呂から出て、臭いタオルで体を拭くのは不快ですよね。
今回はそんなバスタオルの嫌な臭い匂いの原因と、生乾き臭の取り方、そして臭くならないための予防方法についてみてみましょう!

バスタオルが生乾き臭い原因って?

お風呂から出て、サッパリ。
さて体を拭くか…と思ってバスタオルを持ったら、きちんと洗ったタオルなのに臭い!!
そんな経験はありませんか?

お風呂の時の必需品であるバスタオルですが、使ってるうちに生乾きのような、何とも臭い匂いがついてしまうことがあります。

バスタオルが新品だったときは臭くなかったのに…洗濯を何回してもあの嫌な臭いが取れないんですよね。
私もずいぶんとこの問題には悩まされてきました。
しかし一体なぜ、バスタオルが臭くなってしまうのでしょうか?

バスタオルなどの生乾き臭の原因は、ずばり雑菌です。

タオルの繊維に入り込んだ雑菌が繁殖して、あの臭いを放っているのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近のコメント



    ポイントでキャッシュバック!お買い物ならお得な楽天で♪